サイトマップ
 虫歯予防について

さて、どうする? 〜 今後、虫歯を作らないために 〜

歯科治療は時代とともに進歩してきました。本物と変わらないくらいきれいな詰め物や被せ物、そして人工歯根(インプラント)など。しかしこれらは人工物であり、自分の歯に勝るものはありません。では、虫歯を作らないためのすばらしい薬や方法が開発されたかと言うと、残念ですが虫歯の予防法として出来ることは従来通りのものです。
つまり、

プラークコントロール(ブラッシング)
栄養バランスのとれた規則正しい食生活
フッ化物の応用

の3点です。

プラークコントロール

プラークとは、歯を磨かないでいると歯の表面に付いてくる白くべたべたしたものです。これは、数百種もの細菌が強力に結びつきあって形成される丈夫な膜で、歯垢ともいいます。最近ではバイオフィルムという言葉も使われていますが同じものです。虫歯菌や歯周病原菌は、プラークが形成されていないと虫歯や歯周病を発症出来ません。ですから、プラークを常に壊しておけば、虫歯と歯周病を予防できるのです。プラークはうがい薬やウォーターピックでは壊すことは出来ません。そこで歯ブラシの登場です。毎日のブラッシングでプラークを常に壊して除去しておくこと、これがプラークコントロールであり、虫歯予防の最も重要な部分を占めます。

虫歯が原因で来院した患者さまにブラッシングのことをお尋ねすると「毎日磨いているんだけどねー」とおっしゃる方がほとんどです。ところがお口の中を拝見すると、歯と歯の間、歯と歯茎の間,奥歯、歯の裏側などに磨き残しがあり、人それぞれ磨き残す部位に特徴があるようです。
正しいブラッシング法を覚えて一生継続する。これが虫歯予防の基本です。このお手伝いをするのが私たち歯科医療スタッフ(特に歯科衛生士)の役目です。虫歯を治す為でなく、虫歯が出来ないようにする為に、ぜひ歯科医院にいらして下さい。

食生活と虫歯

砂糖だけでなく、多くの炭水化物はプラーク内の虫歯菌によって代謝され、酸が産生されます。酸が産生されると必ず歯が融けて虫歯になる訳ではありません。しばらくするとお口の中の唾液により、酸性になったプラーク内phがアルカリ性にもどるからです。このphのバランスがくずれ、酸性になる時間が長くなるほど虫歯になりやすくなります。

毎日の食生活で心掛けて頂きたいこと

間食は出来るだけ控える
食事にはほとんど全て炭水化物が含まれています。食事をする度にプラーク内pHが酸性に傾くので、間食を頻繁に摂るとプラーク内pHは長時間酸性になり、虫歯ができやすくなります。3度の食事と1度の間食(おやつ)は時間を決めて摂ることを心掛けて下さい。虫歯予防と食事の関係において、これが最も重要です。
夜食は控える
夜間は唾液の分泌量は低下するので、食後に酸性になったプラーク内pHをアルカリ性に戻す力が弱くなり、長時間酸性の状態になるのです。夜食を食べ、ブラッシングをせずに眠ってしまう習慣は、とても虫歯になりやすい状態を作っていることになります。
のどが渇いた時は、水,牛乳,またはお茶を飲むようにする
ジュースは高濃度の糖質が含まれているので、1日に何度も飲むと,虫歯ができやすい状態が長時間続きます。甘いジュース(100%果汁、スポーツドリンク、乳酸飲料も含む)を水代わりに飲む習慣は止めましょう。

フッ化物の応用

フッ化物は自然界に存在する物質で、無機質、水,骨,歯などに含まれています。また、虫歯予防の製品に低濃度に含まれています。
フッ化物は以下のような効果があります。

1.酸(虫歯菌が産生する歯を溶かす物質)に対する歯の抵抗力を増大させる
2.初期の虫歯の再石灰化(融けた歯が再び固い結晶になる現象)を促進
3.脱灰(歯が酸によって融ける現象)を抑制
4.プラーク内の酸産生を抑制

歯にフッ素を塗ったり、フッ素入りの歯みがきを使用する方法を「局所的フッ化物応用」といいます。また、水道水にフッ化物を添加し、日常生活で意識せずフッ素が体内に取り込まれる方法を「全身的フッ化物応用」といいます。虫歯予防先進国では、「全身的フッ化物応用」と「局所的フッ化物応用」の両者を行っています。日本では「局所的フッ化物応用」しか認められていません。しかし多くの研究から、「全身的フッ化物応用」よりも「局所的フッ化物応用」の方がより重要であることが明らかになっています。
さて、具体的な方法を解説します。

自宅でのフッ化物応用
フッ化物入り歯みがき剤

ポイント
NaF(フッ化ナトリウム)が950ppmの濃度で含まれていることが明示されている歯みがき剤を選びましょう。
最低1日2回(朝食後と就眠前)は磨きましょう。
歯みがき剤の量は、大人2cm(1g)、4歳以下は子供用歯ブラシの半分(0.1g)
ブラッシングを最低2分間します。そして、泡をお口の中に保ったまま少量の水(10ml)を含 み、30秒間グチュグチュして吐き出します。これ以上ゆすがないのがポイント!
ブラッシング後、お食事は2時間控えて下さい。

フッ化物洗口剤

医薬品として、『ミラノール』と『オラブリス』があります。

※ どちらも粉末を水で溶解して使用します。
歯科医院でのフッ化物応用
フッ化物塗布

高濃度のフッ素ゲル(フロアゲル:9000ppm)を年に数回、歯科医院で歯に塗ります。
虫歯が多い方は3ヶ月に1度塗布します。

フッ化物応用のメニューは、個人の虫歯のなりやすさによって異なるので、歯科医院で相談して下さい。
このページのトップへ▲

Copyright (C) 2004-2016 "HIRO DENTAL CLINIC" All rights reserved.